その他の書籍


サムライたちのメキシコ

明治初期、遠い異国の地メキシコで、理想郷建設に命をかけた男たちがいた…
本書は、メキシコへ渡った明治の青年たちと、その後の殖民地を舞台に、力強く生き抜いた日本人の軌跡をマンガで描いたものです。
今から一〇〇年以上前の明治時代、南メキシコの地へ夢とロマンを求めて渡った日本人青年たちがいました。
彼らは、日本から遠く離れた異郷の空の下で、苦労を重ねて農場を拓き、会社をおこし、水力発電機を架設、またある者は医師として現地の人々を救いました。
さらに、現地住民への教育活動も熱心に行い、メキシコの地域社会に献身的に尽くし、住民から尊敬され、殖民思想を実現しようとした気概ある日本人青年たち…。
先人たちのこのような足跡が、メキシコの日本に対する親愛感情を生んだのです。

上野久 原作
木ノ花さくや 作画
京都国際マンガミュージアム 発行
A5判 224ページ
本体価格 952円+税
発刊年月: 2008年4月
ISBN: 978-490382299-0


一覧に戻る